ODGC


                      Orthodontic Diagnosis for General Clinicians

補綴治療をおこなう場合、歯牙ポジションの問題で治療ゴールの設定に苦慮することがありませんか?

このような問題を解決するために最近では矯正歯科治療を組み込んだ包括的歯科治療が必要になってきています。

しかし、矯正歯科治療の内容を理解していないため多くの一般臨床医は治療自体を矯正医に丸投げにしているのが現状であり、結局最終補綴の設計に苦慮する結果となってしまうことが多く見受けられます。

このコースでは、一般臨床医(補綴医)と矯正歯科医が同一の治療ゴールをもって治療を開始するために最低限知っておかなければならない矯正歯科の知識を身につけるとともに、包括的歯科治療をおこなう上での診断力を高めることを目的としたコースです。矯正歯科医に的確な治療目的を支持できる一般臨床医になりませんか?

【 講師 】酒井 志郎 先生 木原 敏裕 先生 藤本 博 先生

お申込はこちら▼▽▼

※第10期は満席となりました。

現在、キャンセル待ちのみ承っております。ご了承下さい。

第11期お申込はこちら▽▼▽


CSTPC


  Consultation and Sequential Treatment Planning Course in Tokyo 

 本コースは開業医として必要な診断・治療計画、そしてそれを受け入れて貰うための

 コンサルテーションをいかに行うか、ということを中心に設定したものです。

 今までのコースでは知識と技術を伝えてきましたが、このコースでは知恵を授けることを

 中心に歯科医師として幸せな人生をおくれるよう考え方を伝えていこうと思います。

 今現在自分の状況が以前と比べて良くなってきたがもう一歩前進して自信をもって仕事を

 進めていきたいという先生に受講していただきたいと思います。

【講師】 木原 敏裕 先生

第2期お申込はこちら▽▼▽

第3期お申込はこちら▼▽▼


      ※こちらのお申込は、CSTPC福岡コースとは異なります。

       【福岡コース問合せ先】

        株式会社K-project  担当 溝辺智子

        e-mail:tk0381@m3.kcn.ne.jp

        FAX:0743-78-3044 (電話番号ではありません)

DXGC


                DIGITAL TRANSFORMATION for General Clinicians

歯科分野においても業務を効率的に行う目的としてデジタル技術の導入(IT化)が進められてきた。しかし、今、私たちに求められるのは、IT化を通じて、業務そのものや、組織、プロセスを変革し、より確実に安全で、効率的な医療を患者に提供し、医療スタッフにとっても快適な環境を整えることである。このようなデジタル技術の活用により組織を変革することをデジタルトランスフォーメーション(DX)と言われています。

 本セミナーでは、インプラント治療face Scanner・IOS・CT等のデジタルを活用し、診査診断、インプラントポジションのシュミレーション、埋入方法、補綴物の作製までのプロセス、その中でどのようにDXを実践しているかを解説していきます。

                   【講師】 高橋 由 先生 上原 芳樹

※講義内容が一部変更になる可能性がございます。


FDAT

デジタルハンズオンWebセミナー


FINE Digital Associate for Technicians

 

この度、デジタルハンズオンコースを開催させていただくことに致しました。目的と致ましてはこれからの時代を歯科技工士が幸せに生き抜くために必要不可欠なデジタル内容を網羅していただき、歯科医師-歯科技工士、歯科技工士-歯科技工士の関係すべてにおいて相互利益を得られる関係性を築いていただけることを目的としてます。

 今後、IOS(口腔内スキャナー)が普及していくことは間違いありません。それに伴い、歯科技工士もデジタルの知識をしっかりと身につけていく必要があります。しかし、デジタルの世界も知れば知るほど職人技の世界でもあります。本コースではこれからの時代を勝ち抜くために知っておくべきデジタルの知識や精度を向上させる方法など、弊社での作業工程を実際にデザインソフトに触れて頂きながら詳しく解説させていただきます。

 

                            有限会社ファイン 上原芳樹